第16回 日本写真学会光機能性材料セミナー-光機能性材料の新機軸 その研究手法から新しい応用展開まで-

次世代の機能性材料の創出を目的に、従来にない新しい光機能性を発現させる取組みや光機能性新規材料の研究開発が現在活発に行われています。中でも、光触媒や太陽電池は環境エネルギーの観点からも極めて重要な材料です。第16回セミナーでは、「光機能性材料の新機軸」と題して、光触媒や太陽電池に関する研究手法から新しい応用展開までを俯瞰的に理解することを目的とした講演会を企画いたしました。

【日時】:2019年8月29日(木) 10時00分~17時10分(受付開始:9時30分)
【会場】:富士フイルム東京ミッドタウン本社2階201B会議室(六本木)
東京都港区赤坂9丁目7番3号
【主催】:(一社)日本写真学会 光機能性材料研究会

【プログラム】
基調講演 光触媒の広がり― 人工光合成とセルフクリーニング、そしてカーボンリサイクルへの挑戦
東京理科大学 光触媒国際研究センター長: 藤嶋 昭
講演1 水分解微粒子光触媒の開発の現状と展望
東京大学 大学院工学系研究科教授: 堂免 一成
講演2 ペロブスカイト構造ハロゲン化鉛の特異な光・電子物性
物質・材料研究機構 フェロー: 宮野 健次郎
講演3 化学で挑む高性能塗布型太陽電池の開発:ペロブスカイト太陽電池の実用化に向けた取り組み
京都大学 化学研究所 教授: 若宮 淳志
演4 光電変換型光機能性材料の性能向上のための横断的分析
日本写真学会 フェロー: 谷 忠昭

【参加申込み】
・参加費(講演要旨集代金を含む。当日会場にて申し受けます)
日本写真学会および協賛学協会会員・・・5,000円  非会員・・・・10,000円
学生会員・・・1,000円  学生非会員・・・2,000円
・参加事前申込方法/申込方法:以下のWeb上のフォームからお申し込み下さい
URL:https://forms.gle/N7MMVt4yuvW5DTrF6 (Google Forms)
E-mail、FAX による申込も可能です(氏名、所属、連絡先、会員有無を明記下さい)
e-mail:spstj@pht.t-kougei.ac.jp FAX:03-3299-5887

・申込締切:2019年8月27日(火) *定員になり次第締め切らせて頂きます
・連絡先/問い合わせ先
日本写真学会事務局 光機能性材料セミナー係
〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5東京工芸大学内 Tel:03-3373-0724
E-mail:spstj@pht.t-kougei.ac.jp