『失われたフィルム』口絵連載 日本写真学会誌 第72巻(2009年)第2号~第6号の5回をまとめて公開しています。

2021/3/31
カテゴリー
タグ
連載第1回 Fig.1 コダック・インスタマチック126システムの各カメラとフィルム
中央手前 126インスタマチックフィルム
カメラは左から コダック・インスタマチック500 コダック・インスタマチック50・ローライフレックスSL26の順
著者: 甲田 謙一
連載第1回 Fig.2 コダック・インスタマチック500の内部とフィルム
著者: 甲田 謙一
連載第1回 Fig.3 コダック・インスタマチック500 フィルムを装填した状態
著者: 甲田 謙一
連載第1回 Fig.4 コダパックカートリッジに直接取り付ける簡易カメラ
著者: 甲田 謙一
連載第2回 Fig.1 ディスクフィルムとディスクカメラ
左:コダックDisc6000カメラ
中央奧:ディスクフィルム・パッケージ
中央前:ディスクフィルム
右:コダックDisc4000カメラ
者: 甲田 謙一
連載第2回 Fig.2 ディスクフィルムの内部構造(左)
とサイズ比較用の35mmフィルム(右)
著者: 甲田 謙一
連載第3回 Fig.1 127フィルムとカメラ
左:ヤシカ44A 二眼レフカメラ
中央: 127フィルムとパッケージ
右:コダック・ベストポケットコダック
著者: 甲田 謙一
連載第3回 Fig.2 127フィルム(右)と現行の 120フィルム(左)のサイズ比較
各々のフィルムにはスプール(巻き軸)も添えてある. 127フィルムの軸が,120フィルムより細い軸径(620フィルムも同様)であることに注意.
著者: 甲田 謙一
連載第4回 Fig.1 コダックPR10インスタントフィルムとカメラ
左: コダック・プリーザー・カメラ
中央手前: PR10フィルムとパッケージ
右: コダック・EK6カメラ
著者: 甲田 謙一
連載第4回 Fig.2 コダックPR10フィルム
手前左が白色の受像面で右が感光面.
シート状のフィルムは後左のようにプラスチックのパッケージに10枚が装填され,未使用なら表面に黒の保護シートが入っている.
著者: 甲田 謙一
連載第5回 Fig.1 110フィルム(ポケットインスタマチック)と各種カメラ
奧左:コダカラー11フィルムパッケージ
奧右:コダック・ ホークアイ・ポケットインスタマチックカメラ
手前左:ペンタックスAuto110カメラ
手前右:キヤノン110EDカメラ(レンジファインダー式距離計内蔵)
中央:110フィルムカートリッジ
著者: 甲田 謙一
連載第5回 Fig.2 110フィルムパッケージとフィルムカートリッジ
左が 110システムのために1972年に新開発されたコダカラー110フィルム.
右が 大手メーカー最後の110フィルムとなったフジカラーSUPER G100.
著者:甲田 謙一

日本写真学会誌 年間目次より
口絵・口絵解説『失われたフィルム』
甲田謙一:連載第1回 コダック・インスタマチック126フィルム,日本写真学会誌,第72巻第2号,pp.53 (2009).
甲田謙一:連載第2回 ディスクフィルム,日本写真学会誌,第72巻第3号,pp.145 (2009).
甲田謙一:連載第3回 127フィルム,日本写真学会誌,第72巻第4号,pp.235 (2009).
甲田謙一:連載第4回 コダックPR10インスタントフィルム,日本写真学会誌,第72巻第5号,pp.327 (2009).
甲田謙一:連載第5回 110フィルム(ポケットインスタマチック),日本写真学会誌,第72巻第6号,pp.377 (2009).

日本写真学会誌掲載の関連解説一覧はリンク先にあります。 リンク先