学会賞および研究奨励金

【速報】2020年度各賞および助成金の受賞者が決定しました.

日本写真学会 学会賞について

日本写真学会では毎年、わが国写真界あるいは、写真およびそれに関連する分野の科学技術の進歩・発展、そして本学会運営に貢献された方々に学会賞を贈り、表彰しています。

応募方法

表彰規定をよくお読みいただき,各学会賞に相応しい候補者をご推薦ください。以下の推薦書 (Word ファイル) をダウンロードのうえ、記入・押印して、下記住所までご郵送ください。
2020年の各賞推薦締切りは,2020年1月10日 (必着) となります。

推薦締切:2020年1月10日 (必着)
送付先住所 : (一社)日本写真学会・学会賞係
〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5 東京工芸大学内
電話 : 03-3373-0724
FAX : 03-3299-5887

2020年度各賞受賞者

【速報】(3月16日更新)
本学会は,わが国写真界,あるいは写真およびそれに関連する分野の科学技術の進歩・発展,そして本学会運営に貢献された方々に学会賞を贈り,表彰してまいりました。
今年度も,各賞候補者を募集し、2月に実施しました学会賞選考委員会にて審査を行い、受賞者が決定しました。

受賞式:本年6月3―5日に京都工芸繊維大学にて実施予定の画像関連学会連合会第7回春季大会の中で実施の予定です。

受賞講演:上記の画像関連学会連合会第7回春季大会および秋の国際会議等での講演を頂く予定です。

学会誌への掲載:学会誌81巻3号への掲載を予定しております。

功績賞岩崎仁氏 (京都工芸繊維大学)
「長年にわたり写真および関連する分野の科学技術の振興または日本写真学会の発展につくされた功績」
学術賞白石幸英氏(山陽小野田市立山口東京理科大学)
「複合銀コロイド粒子の創製と応用に関する研究」
技術賞新田和馬氏・一谷修司氏・将積直樹氏(コニカミノルタ株式会社)
「画像処理技術による行動検知を活用したケアサポートシステムの商品化」
技術賞佐藤裕之氏・藤屋隆明氏(株式会社リコー)・鳥海裕二氏(リコーイメージング株式会社))
「3回屈曲魚眼光学系を用いた全天球カメラ「RICOH THETA Z1」
論文賞久下謙一氏・安達考洋氏(千葉大学)、梅本篤氏(名古屋大学)、中竜大氏(東邦大学)、小平聡氏(量子科学技術研究機構放射線医学総合研究所)
「局在表面プラズモン共鳴を用いた光学顕微鏡による微細放射線飛跡解析法」
進歩賞梅本篤宏氏(名古屋大学)
「局在表面プラズモン共鳴を用いた超解像イメージング技術の開発」
進歩賞宮本成悟氏(東京大学)
「原子核乾板を用いたミューオンラジオグラフィーによる火山内部構造の研究」
東陽賞矢口博久氏(千葉大学)
「写真の世界への視覚の知識普及への貢献」
コニカミノルタ科学技術振興財団研究奨励金岩本康平氏(元セイコーエプソン)
「文化財写真(世界遺産)の超精密デジタル画像復元に関する材料・システムの研究」
小島裕研究奨励金白石 卓也 氏(東邦大学)
「暗黒物質探索のためのナノイメージングトラッカーにおけるAgBr:I超ナノ微粒子の発光物性研究」
2020年度受賞者一覧(速報)PDFダウンロード
2019年度受賞者紹介PDFダウンロード
過去の受賞者一覧PDFダウンロード

コニカミノルタ科学技術振興財団 写真研究奨励金について

本研究奨励金は,コニカミノルタグループ創立者の一人,故杉浦仙之介氏のご遺志によって創立された,公益財団法人コニカ科学振興財団より1958年から毎年寄付を仰ぎ,日本の写真・画像技術の進歩発展のために活用しております。

応募資格

日本写真学会会員であり,写真に関する研究に従事する個人または団体とします.

採択件数

原則として1件 (45万円(予定))

応募方法

コニカミノルタ科学技術振興財団写真研究奨励金規定に基づき申請書を作成の上,下記住所まで郵送またはメール添付でお送りください.なお,入選者の氏名や研究テーマを,日本写真学会誌や日本写真学会ホームページ,その他の広報媒体で公表することがありますので,あらかじめご承知おき下さい.

応募締切:2020年1月9日 (必着)
送付先住所 : (一社)日本写真学会・コニカミノルタ写真研究奨励金係
〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5 東京工芸大学内
電話 : 03-3373-0724
FAX : 03-3299-5887

e-mail: spstj@pht.t-kougei.ac.jp

小島裕研究奨励金

本研究奨励金は,特例財団法人津田記念育英会前理事長,故小島裕氏のご遺志を受けたご遺族から当学会への寄付金に基づき設けられたものです.日本写真学会では,写真および画像の工学あるいは科学分野における研究や技術開発に従事している個人又は団体に授与しております.

応募資格

日本写真学会員で写真および画像の工学あるいは科学分野における研究や技術開発に従事している個人又は団体とします.ただし、入会と同時の応募を認めます.

奨励金額および採択件数

原則として50万円を上限とする.授与が2件の場合は等分を目安とする.2件以内/年

応募方法

小島裕研究奨励金規定に基づき申請書を作成の上,下記住所まで郵送またはメール添付でお送りください.なお,入選者の氏名や研究テーマを,日本写真学会誌や日本写真学会ホームページ,その他の広報媒体で公表することがありますので,あらかじめご承知おき下さい.

応募締切:2020年1月9日 (必着)
送付先住所 : (一社)日本写真学会・小島裕研究奨励金係
〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5 東京工芸大学内
電話 : 03-3373-0724
FAX : 03-3299-5887

e-mail: spstj@pht.t-kougei.ac.jp